Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざんげちゃんより安かった!

■ ざんげちゃん1回でQちゃん10回分!

o028a.jpg
尾道の商店街で見かけたQちゃん、1回10円。
本当に動くかどうか試す勇気がありませんでした。


尾道散策後は広島市内に移動。
少し時間があったので、広島市民球場と原爆ドームを見てきました。

続きを読む

スポンサーサイト

尾道散策

あけましておめでとうございます。
o000a.jpg
新年早々、尾道に行ってきました。

坂と猫の街、尾道。 以前からジックリと散策してみたいと思っていたのですが
ようやくまとめて休む時間も取れたので、ここぞとばかりに行ってきましたよ!

観光というよりは資料収集目的だったので、限られた滞在時間の中
体力の続く限り、歩いて歩いて写真を撮り捲くりましたw

尾道の魅力が少しでも見ている方に伝われば幸いです。

続きを読む

アームは漢の浪漫だ!

6月頭の話になりますが、ビックサイトで開催された東京国際消防防災展に行ってきました。
普段なかなかジックリ見る事の出来ない消防車を間近で鑑賞出来て大変に満足の行くイベントでした。
ついでに同時開催されていた環境展にも行ってみたのですが、
予想を上回る浪漫溢れる重機がわんさかあった罠!

浪漫溢れる会場の図。
baku_k20a.jpgbaku_k21a.jpg
こんな感じで重機がゴロゴロ並んでいるんだぜ!?
特に右は大きかったけど、その大きさを全然伝えきれないのが悔しいよ…。
でもどうやってビックサイトにこいつら搬入したんだろうか…。
 
コマツや日立建機、コベルコなどの普段なかなか見る事の出来ない重機に興奮しながら会場を回るオレ! 
…まぁ周りは明らかに業界関係者ばかりで一般人がいなくて肩身が狭かったけどね…。



そんな中目を引いたのが、油圧ショベル用のアームの数々っ!
どれほどの魅力なのかは以下の写真から感じ取っていただきたい!

注:以下延々とアームの写真が続きます。
baku_k04c.jpgbaku_k02c.jpgbaku_k03c.jpg
baku_k04c.jpgbaku_k05c.jpgbaku_k06c.jpg
baku_k06c.jpgbaku_k07c.jpgbaku_k08c.jpg
baku_k10c.jpgbaku_k11c.jpg
baku_k12c.jpgbaku_k13c.jpg
baku_k15c.jpgbaku_k16c.jpg
baku_k18c.jpgbaku_k19c.jpg

そして会場内最大の大きさを誇った(と思う)一品。
周囲の人からその大きさを感じられると思いますが、全長3M強・質量は4750kg。 
baku_k17b.jpg


環境展は毎年開催されているみたいなので
重機に興味がある人は是非とも足を運んでみるといいよ!

大谷資料館へ行ってみた 02

大谷資料館の地下へいざ進入!
階段を下りると眼前に広がる魅惑の地下空間!









■ 画像の回転忘れてましたが、レイアウト重視という事で…。(注:クリックで縦画像が見れます


■ ケータイ使って遊んでみたり/地下はメッチャ寒いです。手がかじかみます。


とにかく圧巻の地下空間に興奮しながら写真を撮りまくりました。
気がつけば1時間以上余裕で経過していたりw

ちなみに公開されている空間はそれほど広くはなく
10分もあれば歩いて見て回れると思います。
実際自分たちがいる間にも何組もの人たちがやってきましたが、
みなさんそれぐらいで帰ってしまいました。

「え? いいの? それじゃ満足出来ないよねっ?」と思いつつも
そのおかげでこちらはゆっくり撮影に専念できる訳ですがw

個人的には首都圏外郭放水路と並んで、必見の地下空間だと思います。
是非とも多くの方にこの空間を肌で感じて欲しいものです。

大谷資料館 公式サイト 注:音が出ます

大谷資料館 へ行ってみた 01へ戻る

大谷資料館へ行ってみた 01

今回は大谷石採掘場が見れるという大谷資料館へ行ってみました。
場所はJR宇都宮駅からバスで40分ほど進んだ先にある大谷地区。

■バス停周辺、この情景ですでにちょっと興奮気味w/資料館への道、これで良いのかと少し心細くなる。

■道の傍らには…


■停留所から10分ほどで大谷資料館に到着。/資料館自体はこじんまりとした建物。


中に入るとカウンターと採掘関連の道具が並んでいる展示室。
そしてお目当ての地下採掘場への階段が…。

大谷資料館へ行ってみた 02へ続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。